お知らせ

サンタのいちねん トナカイのいちねん

作・絵: きしら まゆこ
出版社: ひさかたチャイルド

クリスマスに一番忙しいサンタとトナカイのお話の紹介です。みなさんはクリスマス以外の日、サンタとトナカイは何をしていると思いますか?今回オススメするこの絵本は、クリスマスが終わり、次のクリスマスがくるまでの一年間、サンタとトナカイがどう過ごしているのか教えてくれます。そしておもしろいのは、この本一冊でサンタとトナカイの2つのお話が楽しめるよう、どちらからみても表紙になっています。最後は2つのお話が真ん中でつながるクリスマスの日、素敵なパノラマビューが待っています。当日だけでなく、クリスマスを待ちながらも読める楽しい絵本です。

保育士 長谷川 アサミ

びっくりまつぼっくり

作:多田多恵子 絵:堀川 理万子
出版社:福音館書店

道に落ちているのを見つけると、つい大人でも拾いたくなってしまう、まつぼっくり♪そんな、まつぼっくりの不思議を描いた絵本です。まつぼっくりの、水分を吸うとしぼんで、乾燥すると開くという特徴を面白い実験で紹介しています。これを読んだら、お子さんもきっと試してみたくなります♪ぜひお子さんと一緒に、まつぼっくりを探しに出かけてみて下さいね。

ほんとのおおきさ水族館

監修:小宮 輝之 写真:松橋 利光 絵: 柏原 晃夫
文: 高岡 昌江 出版社: 学研

人気の魚はもちろん、水族館で会える生き物たちの顔や体を実物大の写真に収めた本です。ほんとのおおきさシリーズ、以前テレビでも紹介されていましたね。実物大の迫力ある図鑑、イルカやシャチをこんなに近くで観察することはできません!!小さいお子さんから大人まで楽しめる1冊だと思います。この本を開いたら、水族館に行きたくなるかもしれませんね♪

お知らせごあいさつプロフィール診療時間・診療科目予約システムクリニックの特色予防接種乳幼児健診