COMMUNICATION
子育て通信

初めての歯みがきのポイント

  • 歯がはえてきたら、歯を磨きましょう。
  • 口の中を清潔な状態に保つために、歯みがきをしなければなりません。
  • 口の中は大変敏感なので、歯磨きになれるまでは泣き叫んだり、歯みがきがいやで逃げ回ったりで、歯みがきに苦労するママも少なくありません。
  • 最初はガーゼを指に巻き、口のまわりをふいたり、歯をふくことから始めてみましょう。
  • ガーゼに慣れてきたら、以下の順序で進めていくのがお奨めです。
  • 子どもの前で、保護者が楽しそうに歯をみがくようにしましょう。
  • 最初から歯ブラシでみがこうとはせずに、まずひざにあおむけに寝かせ、子どもの歯の観察(歯を数える)ことからはじめましょう。歯の観察が終われば必ずほめてあげましょう。
  • 歯の観察を嫌がらなくなれば、赤ちゃん用の歯ブラシで1~2回歯に触れる練習をしましょう。慣れてきたら、鉛筆を持つ持ち方で、力を抜いて1本5秒くらいかけて、やさしくみがいてあげましょう。歌をうたうのもいいですね。強くみがいたり時間をかけ過ぎるのはやめましょう。上手にできたらほめてあげましょう。
ページトップヘ