NEWS
お知らせ一覧

副作用の検証のため、子宮頸がんワクチンの積極的勧奨接種を一時差し控えることになりました。

BCGの標準的接種年齢は、生後5ヵ月~8ヵ月未満に変更されました。但し、1歳未満までは、公費での接種が可能です。

B型肝炎は、B型肝炎ワクチンの接種で予防できます。乳児期からの接種をお奨めします。

B型肝炎は、B型肝炎ウィルスの感染により起こります。
感染すると、一部の人がキャリア(ウィルスの持続感染)になり、キャリアのうち約10%が慢性肝炎を発症し、その一部の方が肝硬変、肝臓がんへと進行します。日本では、B型肝炎ウィルスの感染者は約100万人と推定されています。
感染経路はキャリアの母親からの母子感染、父子感染の他、感染経路不明のものも増加しています。

B型肝炎は、だれでもかかる可能性のある病気です。3歳未満で感染すると、慢性化しやすくなります。
ワクチンによる予防が重要です。WHO(世界保健機構)は、1992年、世界中の子どもたちに対し、 乳児期からの接種を指示しております。

 

接種対象者
すべての子ども達

 

接種回数
4週間隔で2回、その後、20~24週たってからの合計3回接種

 

費用

2ヵ月からの接種で1歳未満は公費になります。
母親がB型肝炎のキャリアの場合は、自費の接種になります。

ロタウィルス胃腸炎を予防する経口ワクチンの接種を開始しました。

乳幼児胃腸炎の原因として頻度が高く重症化しやすいのがロタウィルスです。
白色~クリーム色の水様便や激しい嘔吐が特徴です。 脱水を起こしやすく入院加療が必要となることもあります。 ロタウィルスは、胃腸炎の他、脳炎、腎臓障害を起こすこともあります。
現在ワクチンの接種国は、120カ国を超えています。
接種国では、胃腸炎の入院が激減しています。

 

投与方法
経口接種(飲む)ワクチンです。

 

接種時期
●生後6週~24週
●2回目の接種は、1回目の接種から4週間以上あけてください。
腸重積の既往のあるお子さんは、接種ができません。

子宮頸がんおよび尖圭コンジローマを予防するヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン、ガーダシルの接種が始まります。

子宮頸がんおよびその前がん病変、外陰・膣上皮内腫瘍、尖圭コンジローマなどの発症に関係する、4種類のHPV(6,11,16,18型)の感染を予防するワクチンです。

20~30代の若い女性に、子宮頸がんが急増しています。
子宮頸がんについては、サーバリックスと同様の予防効果があります。

小学6年生~高校1年生のお子さんが、公費助成の対象になります。
成人の方の接種は、自費になります。

 

接種スケジュール
初回接種、2カ月後、6カ月後の3回接種です。
筋肉内注射なので、皮下注射のワクチンより痛みを伴います。

ワクチンを接種しても、ガーダシルに含まれるウイルス型以外の発がん性のあるHPVの感染により子宮頸がんを発症する可能性はあります。20歳を過ぎたら、定期的に婦人科検診を受けましょう。

初めての予防接種は生後2カ月から、ヒブや小児用肺炎球菌ワクチンからスタートしましょう。

ヒブや小児用肺炎球菌ワクチンを接種することで、細菌性髄膜炎を予防できます。

日本では年間800人のお子さんが、この2種類の細菌による髄膜炎を発症しています。
生後3カ月になれば、四種混合ワクチンが受けられます。
BCGの標準接種年齢は、生後5カ月~8カ月未満になりました。但し1歳未満までは
公費の接種の対象になります。

日本脳炎ワクチン未接種者の接種時期が緩和されました。

平成7(1995)年6月1日~平成19(2007)年4月1日生まれの方に、6カ月以上20歳未満の間、定期予防接種ができるようになりました。平成17年~21年度の間に日本脳炎ワクチンの接種の機会を逃した方々は、公費で接種ができます。

接種スケジュールについては、担当医にご相談ください。

2011年2月から、ヒブ、小児用肺炎球菌、子宮頸癌予防ワクチンが、一定の年齢で公費接種になります。

接種対象年齢
ヒブ:2ヶ月~5歳未満
小児用肺炎球菌ワクチン:2ヶ月~5歳未満
子宮頸癌予防ワクチン:小学6年~高校1年

ヒブ、小児用肺炎球菌ワクチン、4種混合ワクチンは、同時接種が可能です。
平成23年1月19日、日本小児科学会は「同時接種」を推奨する見解を発表しました。
同時接種により、副反応が増強されることがないことや、早期に接種を完了することができ、
医療機関受診の負担軽減により接種率を上げることができることが主な推奨理由です。
接種スケジュールについては、主治医にご相談ください。

こどもの肺炎球菌感染症はこども用の肺炎球菌ワクチンで予防できます。

肺炎球菌は、子どもの鼻やのど、気道にいるとても身近な細菌です。
子どもの体力や抵抗力が落ちた時に下記のように感染症を引き起こします。

細菌性髄膜炎
菌血症
肺炎
中耳炎

子どもの肺炎球菌感染症は、子ども用の肺炎球菌ワクチンで予防でき、現在世界100カ国で接種され、定期接種をしている国では細菌性髄膜炎などの重い感染症の確立が98%下がりました。
2007年に、WHO(世界保健機構)は、子ども用の肺炎球菌ワクチンを世界中で定期接種するように推奨を出しました。

 

接種年齢
生後2カ月以上から5歳以下

 

接種スケジュール

肺炎球菌ワクチン
月齢の低い子どもほど肺炎球菌への抵抗力が弱いため、かかりやすいといわれています。

ページトップヘ